受験生へのメッセージ

O.U.H.Cからメッセージ

 男子部は、プレーヤー7人、マネージャー2人の計9人、女子部は、プレーヤー3人、マネージャー3人の計6人、総勢15人で活動しています。  男女 ともに少数精鋭のチームです。部員一人ひとりがチームが強くなることを考え、一生懸命練習をしています。大学からハンドボールを始めた初心者も おり、4年間地道に努力を重ね、実力をつけながら成長し、勝利を目指すチームです。初心者でも1部リーグ戦で主力選手として戦えるまで成長して います。
 学生の本分である勉学を重視し文武両道を実践しています。常に岡山大学の代表としてハンドボール競技に取り組む意識を持ち、中四国学生ハン ドボールリーグでの優勝、インカレ出場を目標として、これからも日々の練習を大切に取り組んでいきたいと思っています。男女とも、部員同士の団結力が当部の武器です。
 また、私たちは“誰からも応援してもらえるチーム”を目標としています。このチームに関わる多くの方に支えられ、ハンドボールに打ち込むことがで きています。これからも、岡山大学らしい粘り強く諦めないプレーで常に真剣に競技に取り組み、応援してくださる方々に感謝の気持ちを忘れず活動 していきたいと思っています。
 最後に、私たちはハンドボール競技に取り組むにあたり、勝負に徹するだけではなく、レフェリング、オフィシャル等の大会マネジメント、地域貢献活 動にも積極的に取り組み、総合力で勝負してまいります。

O.U.H.Cの強み

  1. 組織
    • 中四国地区で最も早く創立されたクラブであり、歴史と伝統があります。
    • OB・OGをはじめ、各方面とのネットワークを大切にし、様々な応援・援助をいただきながら活動しています。
    • 11学部1コースからなる総合大学のメリットを最大限に活かすことのできる組織です。(卒業後、幅広い分野で活躍する卒業生が存在し、学部・世代を越えたネットワークを活用することができます。)
    • 監督・コーチをはじめとした指導体制が整い、学生と一体となって共通の目標を持ち活動しています。
    • OB・OGを中心とする指導スタッフが献身的に参画し、一緒に活動をしています。
    • 就職支援体制が整い、必要に応じて適切な援助を受けることができます。
  2. 活動
    • 学生の可能性、能力を引き出すことを前提に、学生の主体性を軸とした個人に頼らない組織マネジメントが行われています。また、実際に体験し、学ぶことが出来ます。
    • 自らの勝負にこだわりを持つだけでなく、審判やオフィシャルなど、競技の普及と発展に対して多面的に取り組んでいます。
    • ハンドボール教室を開催することにより、競技の普及と地域貢献に少しでも寄与できるべく努力をしています。
    • 近隣自治会主催の清掃活動に積極的に参加することで、地域の一員としての意識を醸成し、地域への貢献を心がけています。
  3. 学生
    • 部員全員が真面目で素直、努力家です。
    • 知・徳・体のバランスが良い学生です。
    • やさしく、たくましい学生です。
    • チームワークを大切にし、常にチャレンジすることができます。
    • 文武両道を体現しています。
  4. 戦績
    • 男女ともに1部で活動しています。
    • インカレ、西日本インカレに出場した経験があります。
    • 国立大学でありながら、推薦で選手を集める私学と対等に戦い存在を示しています。

合格体験記

◆男子部
氏名 小西 秀和
学部・学科 教育学部/学校教育教員養成課程/中学校教育コース/平成25年度入学
出身校 岡山県/岡山一宮高校
高校生活 高校ではハンドボール部に所属し、部活動と勉強に追われる毎日でした。文化祭や体育祭では有志バンドに参加するなど、高校生活を楽しみました。予習をせずに授業に臨み、よく先生に怒られていました。
受験勉強 部活動の関係で少しスタートが遅れてしまいましたが、苦手な教科から基礎を見直し学習するように努めました。クラスメートと休み時間に問題を出し合うなど、時間を有効に使うことをお勧めします♪
大学生活 大学では部活動を通じて目上の方への言葉使いや先輩との上下関係など、社会性を学ぶことができます。また規則正しい生活を送り、授業にも遅刻せず出席しています。
今後について 私は高校の体育の教師になりたいと思っています。今受けている授業を一つ一つ大切にし、知識を蓄え教師になるという夢に近づきたいと思います。
氏名 井上 颯人
学部・学科 農学部/総合農業科学科/平成25年入学学
出身校 山口県/山口高校
高校生活 高校からハンドボールを始めました。高校が進学校だったので部活と学業を両立するのは大変でしたが、どちらも諦めることなく頑張りました。今思えば、とても充実した高校3年間だったと思います。
受験勉強 受験勉強はセンター試験の勉強を重点的に行いました。勉強するときと遊ぶ時のメリハリをつけ、集中するときはしっかり集中して、遊ぶ時は思いっきり遊びました。学校行事を楽しむことも大切だと思います。
大学生活 大学では一人暮らしを始め、勉強や部活、バイト、サークル活動など忙しいときもありますが、高校とは違う充実した日々を送っています。
今後について 部活では早く試合に出場できるようになること、勉強では自分の学びたい分野を意欲的に学んでいきたいです。
氏名 貞本 貴裕
学部・学科 理学部/数学科/平成26年度入学
出身校 岡山県/岡山一宮高校
高校生活 高校入学後にハンドボールを始め、平日は部活から帰ると勉強せずに寝て予習や課題の大抵は休み時間や塾で終わらせていました。一宮高校は学校行事も多く、積極的に参加していました。
受験勉強 受験勉強を本格的に始めたのは二年生の冬頃です。部活動も二年生中心であったので、慣れるまでとても苦労しました。早い時期から自分の力が志望校にどれだけ足りていないか確認し、それを補うための勉強をしました。センター試験と二次試験どちらを重点的に勉強するかは人によって異なるので、高校での早い時期からセンター試験に力を入れた学習法に左右されず、自分に本当に足りていないものを見極めるようにしてください。その勉強を続けて本番に合格点を叩き出せるかを常に確認しながら進んでください。受験で得られるものは偉大です。
大学生活 大学生は部活に勉強にバイトとすることが沢山あってとても充実しています。授業内容もかなり専門的になり、空き時間を使って勉強しています。
今後について 大学生だからこそ経験できることをたくさんし、人として成長できるようにしたいです。
氏名 水井 綾子
学部・学科 教育学部/学校教育教員養成過程小学校コース/平成25年入学
出身校 山口県/徳山高校
高校生活 高校では部活を頑張っていました。運動部だったので毎日忙しかったですが充実した高校生活でした。学校行事にも熱心に取り組み、友人達と楽しく過ごしていたと思います。勉強は部活との両立が大変で、家での勉強がおろそかになりがちだったため、授業をしっかり聞くことを心がけていました。
受験勉強 受験勉強は部活を引退した6月から本格的に取り組み始めました。単語や文法などは休み時間などのちょっとした時間に覚えるようにし、放課後など、まとまって時間がとれる時間に演習問題に取り組みました。模試の判定はずっと悪かったですが、諦めずに勉強していると、12月の終わり頃から努力が結果に現れ始め、センターでも点をとることができました。模試というのは参考のひとつにしかならず、また、学力は試験のギリギリまで伸びるので、諦めずに勉強することが大事だと思います。
大学生活 大学生活は、勉強、部活、バイトと日々充実していて楽しいです。また自由に使える時間が多いので、友達といろんなところに遊びに行ったりします。
今後について 勉強と部活を両立させながら、有意義な大学生活を送りたいと思います。
氏名 岡本 舞衣子
学部・学科 教育学部/学校教育教員養成課程小学校教育コース/平成26年度入学
出身校 岡山県/岡山朝日高校
高校生活 部活動は2つ入り、文化部だったのでのんびり楽しく活動していました。勉強は大変でしたが、運動部の人に比べて時間に余裕があり、予習や課題はきちんとやるようにしていました。学校行事にも積極的に取り組み、思い出をたくさん作ることができました。
受験勉強 私は家ではなかなか集中できなかったので、教室や塾の自習室を使って勉強していました。問題を解いてわからなかったところや間違えたところは教科書などで確認し、それでもわからない時は先生に聞きに行くようにしていました。模試やテストを上手く活用して苦手をなくしていくといいと思います。
大学生活 大学は高校に比べ人との出会いや自由な時間が多く、とても楽しい日々を送っています。大学生の間に経験することはどれも将来自分のためになると思うので、時間を上手く使って今しかできない経験をたくさんしたいです。
今後について 日々の授業や部活動を通して、人として成長していきたいと思います。
◆女子部
氏名 三池 萌
学部・学科 文学部/人文学科/平成26年度入学
出身校 香川県/大手前高校
高校生活 私はもともと運動が得意な方ではなく、中学から高校まで演劇部に所属していました。進学校ということもあり勉強と部活の両立は難しいものでしたが、それでも充実した日々を送ることができたと思います。
受験勉強 センター試験に重点をおき、最後は苦手科目である数学漬けの毎日でした。受験生の皆さんには、苦手科目をいつまで残しておかないことをお勧めします。
大学生活 大学からは新しいことに挑戦しようと考え、ハンドボール体験や先輩方のお話を聞いて入部を決定しました。文化系の私が体育会系の部活でやっていけるのかという少しの不安もありましたが、毎日楽しく活動しています。大学の授業形式が高校と比べて自由であることから、勉学と部活の両立もそう難しくはありません。
今後について 高校3年生頃からカウンセラーになりたいと考えていました。仲間のちょっとした変化に気づく洞察力など、部活から学べることを将来に活かしていきたいです。
氏名 武田 愛美
学部・学科 教育学部/学校教育教員養成課程/中学校教育コース/平成26年入学
出身校 香川県/丸亀高校
高校生活 私は高校からハンドボールを始めました。部員全員が初心者だったこともあり、早く他の学校に追いつこうと毎日練習に励んでいたのが心に残っています。また高校が進学校であったので勉強との両立にも苦労しました。しかしその分充実した生活を送ることができました。
受験勉強 部活引退後から本格的に受験勉強を始めました。センター試験の比率が高いこともあり終わるまではセンター試験の勉強を中心に行いました。しかし時間に余裕がなかったので早いうちにテストの復習など対策をしておくべきだったなと思います。
大学生活 自由な時間が増える分その時間をどのように使うかが大切になると思います。悔いの残らないように教師になるための勉強はもちろんのこと、部活やバイトなどにも精一杯取り組んでいきたいと考えています。
今後について 部活や勉強に慣れつつ充実した大学生活が送れるようにしていきたいです。

岡山大学見学ツアー

 O.U.H.Cは受験生のための岡山大学見学ツアーを行っています。大学構内を見学した後、O.U.H.Cの練習も見学できます。その後、希望者には勉強相談会を行います。
 部員と待ち合わせて参加者の志望学部を中心に見学していきます。オープンキャンパスなどでは聞けない、現役岡大生である部員だけが知っていることも聞けるかもしれません。

◆キャンパスマップ(津島キャンパス)
http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/access/tsushima_all.pdf

◆申込先
岡山大学体育会ハンドボール部(O.U.H.C)ホームページ お問い合わせページより、お申し込みください。

HOME

インフォメーション
クラブプロフィール
ハンドボール競技紹介
メンバー紹介
試合結果
地域貢献活動
受験生へのメッセージ
リンク
お問い合わせ
岡山大学体育会ハンドボール部
〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中2-1-1 岡山大学内

Copyright(c) Okayama University Handball Club All Rights Reserved.全てのコンテンツの無断転載を禁じます